スカイツリーの展望台に上るには入場券を買うことになりますが、1日の入場数が決められているため、来場者の多い日には入場が無理なこともあります。
それと、売り出されるチケットの数が違ってくることもあるため、新しい情報を手に入れるように気をつけましょう。
スカイツリーの展望デッキに入るには、4階のチケットカウンターで当日券をゲットすることが必要です。
東京スカイツリーWebチケットのホームページで先に予約しておくこともできますので、行く日が分かっている人は予約を済ませると安心です。
当日券を求める場合は、チケットが売られている時間は午前8時以降、午後21時までと定められているため、時間内に入手することになります。
注意しなければならないのが、当日券入手後はエレベーターに誘導されるため、グループ全員が揃ってからチケットカウンターに並ぶ形になります。
入場券は3種類に分かれており、個々で違ったサービスとなるのであらかじめチェックしておきましょう。
1つ目の当日券についてですが、これはスカイツリーに入場する日にチケットカウンターに行って入手するものです。
それから、入場日時が事前に決められている日時指定券があり、これに関しては公式サイトから予約を済ませておくチケットです。
また、時間は決定されておらず、日にちに限り決定されている日付指定券といったチケットが挙げられます。
旅行会社などを介したり、東京スカイツリーの展望デッキ入場券が特典となっている東京スカイツリーのオフィシャルホテルやフレンドシップホテルの宿泊コースなどを活用して手に入れることができます。